インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

「ここなら気兼ねなく通える」。そう思っていただける歯科医院を目指しています

歯科医院というと、どうしても「怖い」「痛い」などネガティブな印象を持たれがちです。私は、そのようなネガティブな印象を取り除き、何かあった際には気兼ねなく通える歯科医院を目指しています。そのために、できるだけご希望を治療計画に反映させて、患者さまが率先して治療に参加できる雰囲気作りに努めています。
開業以来、地域密着型の歯科医院として皆さまの健康をお口の中からサポートしてきました。お越しいただいた方に「ここなら気兼ねなく通える」と思っていただける歯科医院となれるよう、これからも一つひとつの診療を丁寧に行っていきます。

美容診療でセラミック治療システムを導入されていますが、そのきっかけや、メリットをお伺いしてもよろしいでしょうか?

専用のカメラで撮影したデータを基に、院内で被せ物や詰め物などの修復物を作製できるということに興味をそそられたので導入しました。患者さまにかかる負担を軽減できるのが魅力です。さらに、歯科技工所ではなく院内で素材を加工できるため、リーズナブルな価格で提供できることもセラミック治療システムのメリットです。
ただし、歯科技工士に依頼するのと比べると、繊細な調整が難しい部分はあります。それでも条件が合えば、その日のうちに自然な歯に近い色合いのセラミックが入れる治療が完了するので、おすすめの治療の一つです。

患者さまとコミュニケーションを取る機会が多くあるかと思いますが、その際に気をつけていることを教えてください。

カウンセリングと説明をきちんと行うことです。その方が何を臨んでお越しになったのかを把握し、それを改善するために必要なことは何なのかをサンプルや資料を用いながら、分かりやすくお伝えしていきます。
健康なお口の環境を維持するためには、定期的にお越しいただくことが大切です。そのためには、「なぜ治療をする必要があるのか」という目的を理解していただくことが欠かせません。口頭での説明だけでは分かりにくいと思いますので、視覚的な資料を多く使用して、治療に対するイメージを持っていただけるよう工夫しています。

勤務されている歯科医師・スタッフの数が多いのが印象的ですが、このような体制にしたのは院長先生の代からでしょうか?

私がこの歯科医院を引き継いでからこのような体制にしました。そうすることで、より多くの患者さまのことを診られるようになると考えたからです。さらに、複数の歯科医師が在籍していることで、それぞれの意見を聞くことで、より状態に適した治療を提供することにつながっています。
今後さらに歯科医師やスタッフの人数を増やし、一人でも多くの方の健康に携わっていきたいと思っています。

この地域で長く治療を行っているかと思いますが、患者さまやこの地域にまつわるエピソードがあれば教えてください。

患者さまからはよく旅行に行った写真などを見させてもっています。治療ではない時に持ってきてくださるので、そのような時に「地域の皆さまに愛されている歯科医院だな」と実感します。
また、以前、認知症を患っている方で古い保険証をお持ちになった方がいました。その保険証は使用することができず、そのまま帰すことも危ないと思ったので、こちらから役所に連絡をして、介護してくださっている方に連絡を取ったことがあります。その方は昔当院に通ってくださっていた方らしく、何かお口の問題があった際には頼ってくれるということに感動しましたね。