口臭や歯の痛みにご注意!歯周病を初期段階で見つける方法|目黒区池尻大橋・中目黒の有馬歯科医院

口臭や歯の痛みにご注意!歯周病を初期段階で見つける方法
  • HOME
  • ブログ
  • 口臭や歯の痛みにご注意!歯周病を初期段階で見つける方法

重度の歯周病となると、日常生活に支障をきたすことがあります。痛みが起こってストレスを感じ、歯がぐらついて満足に食事ができない、など生活への影響は大きいです。また、歯周病は口腔内だけのトラブルではなく、心筋梗塞や脳梗塞、動脈硬化、糖尿病、低体重出産や早産、心内膜炎などに関係していると考えられています。

そのため、歯周病にならないように、毎日歯のケアをすることは、全身の健康を維持するためにも重要なことであると言えます。

ここでは、歯周病を初期段階で見つける方法についてご紹介します。恐ろしい病気につながる可能性のある歯周病を、初期の段階発見し、すぐに歯科医院で治療を受けましょう。

 

歯周病とは

歯周病は、歯と歯茎の間に細菌が溜まることにより引き起こされる炎症性の疾患です。

歯と歯茎の間をしっかり磨かずにいると、この部分に多くの歯垢(プラーク)が溜まってしまいます。歯垢の中にはたくさんの細菌が含まれていて、虫歯や歯周病の原因につながるのです。

歯垢を除去しなければ、歯肉の縁が炎症を引き起こし、場合によっては腫れてしまうこともあります。そして、さらに放置すると、歯周ポケットという歯と歯茎の間が徐々に深くなってしまいます。すると、歯を支えている土台の歯槽骨が溶け、歯がぐらぐらと動くようになり、さらに末期状態になれば最悪の場合歯を抜く必要があります。

 

歯周病の進行過程

歯茎が健康的な状態から歯がぐらついて抜けてしまう重度の歯周病に進行するまでには、どのような過程があるのでしょうか。歯周病が進行する過程について見ていきましょう。

【健康的な状態】

健康な状態では、歯と歯茎の間には1~2㎜程度の隙間があります。

【歯肉炎】

歯の表面に歯垢が溜まり、歯茎に炎症が起き始めます。歯と歯茎の隙間が3㎜程度へと広がっていきます。

【軽度の歯周炎】

さらに炎症が広がり、歯の根元部分を支えている歯槽骨の半分近くまで到達してしまいます。歯周病がここまで進むと、歯を支える力が低下するので、歯のぐらつきを感じるでしょう。

【重度の歯周炎】

歯の根元部分を支えている歯槽骨が半分以上破壊され、歯がぐらぐらと不安定になります。食べ物を噛むことが難しくなり、少しの衝撃でも歯が抜けてしまう場合もあります。

 

歯周病の症状

歯周病になると、次のような症状が現れます。このような症状が起きていないか、今一度ご自身の口内をしっかりチェックしてみましょう。

【歯茎が腫れて出血する】

歯茎が赤く腫れたり出血したりする場合には歯周病の可能性があります。

歯周病のほかにも、歯茎が腫れたり赤くなったり、出血する場合はあるのですが、歯周病になると何もしなくても歯茎が赤くなることがあります。

また、少しの刺激でも歯茎から出血が起こるため、歯を磨くたびに歯茎から出血している場合には歯周病を疑ったほうが良いでしょう。

【口臭がひどい・膿が出る】

歯周病が進行すると、歯茎全体が腐敗してしまいます。この腐敗が原因となり、歯茎から膿が発生し、ひどい口臭が起こることがあります。ここまで歯周病が進んでくると、このような症状以外にも、歯がぐらついていることに気づくかもしれません。このような状態になった場合にはすぐに歯科医院に行くことが大切ですが、ここまで悪化する前に早期に発見することが望ましいです。

【歯が伸びたように感じる】

歯周病にかかると、歯茎がやせ細って徐々に歯茎が下がってしまいます。こうなると、歯が伸びたように見えるでしょう。

歯が伸びたように感じる、歯が長くなっている、と感じたら歯周病のサインです。毎日の歯磨きの際に、鏡で歯の長さを確認することが大切です。

【刺激に敏感に反応する】

歯周病が進むと、歯茎がやせ細って歯茎の中に隠されている歯の部分が現れます。

この部分に、冷たいものや熱いものがしみるようになります。虫歯の場合も冷たいものなどがしみるのですが、歯周病にかかると、より広範囲でしみたように感じるので、いつもよりしみる範囲が広い場合には注意が必要です。

 

歯周病が悪化する原因

では、どうして歯周病は徐々に悪化してしまうのでしょうか。それにはいくつかの理由があります。

歯周病が進行する原因は、色々な生活習慣が関係していると言われています。歯周病が悪化しやすい方の特徴は以下の通りです。

  • タバコを吸う習慣がある方
  • 精神的なストレスを感じやすい方
  • 強い歯ぎしりや食いしばりがある方
  • 妊娠などによるホルモンバランスの変化がある方

この中でも特に気を付けたいのはストレスです。ストレスを感じることによってタバコを吸う本数が増えることや、無意識のうちに歯ぎしりや食いしばりをしてしまうことが少なくありません。歯周病で弱くなった骨は、少しの衝撃でも大きなダメージを受けてしまうので注意が必要です。

また、妊娠によって女性ホルモンが増加すると、歯周ポケットの滲出液にも女性ホルモンが含まれるようになるのです。歯周病の原因菌の中には、女性ホルモンをえさにしてプラーク化するものもあるので、妊娠中はいつも以上に歯のケアを念入りに行い、歯科検診を受けることが大切です。

 

まとめ

いかがでしたか?

症状に気付きにくい歯周病ですが、いつの間にか悪化してしまわないように初期の段階でしっかり確認することが大切です。

しかし、歯周病は通常の口腔ケアだけでは予防できない場合もあるので、歯科医院で定期的に健診を受けることがおすすめです。

歯周病が悪化すると歯が抜けてしまう場合もあるので、毎日のケアと歯科医院でのケアで、歯周病を防ぐことが大切です!

>