歯周病の治療方法とは?知っておきたい歯周病の基礎知識|目黒区池尻大橋・中目黒の有馬歯科医院

歯周病の治療方法とは?知っておきたい歯周病の基礎知識
  • HOME
  • ブログ
  • 歯周病の治療方法とは?知っておきたい歯周病の基礎知識

歯周病は、日本人の約80%が罹患していると言われており、ギネスブックにも「全世界で最も蔓延している病気は歯周病」と記されているほど恐ろしい病気です。
そんな歯周病の治療方法とは一体どのようなものなのでしょうか。
今回は、歯周病の基礎知識と共にご紹介します。是非、今後のご参考にしてください。

 

歯周病とは?

歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

歯と歯肉の間の清掃が行き届いていない場合、そこに多くの歯垢が蓄積し、細菌が停滞します。その細菌の中に、歯周病を引き起こす歯周病菌が存在していることが解明されました。
この歯周病菌が歯肉に炎症を引き起こし、進行していくと歯を支えている骨を溶かしていき、最終的には歯を失う原因となります。

また、歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と呼ばれる物質に変化すると歯の表面に付着します。1度付着した歯石はブラッシングでは取り除くことは不可能です。
この歯石の中や周囲にさらに細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けるのです。

虫歯は歯そのものが壊されていく病気ですが、歯周病は歯の周りの組織が破壊されていく病気と考えてください。

 

歯周病の進行段階

歯周病は、進行状態によって症状が変わります。

 

【歯肉炎】

歯ぐきに炎症が起きている状態です。ブラッシングなどの刺激を与えられた際に出血が見られることがあります。
歯周ポケットの深さは、3mm程度です。

 

【軽度歯周炎】

顎骨が溶け始めた状態です。
歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たいものがしみたり、口臭がキツくなることも。
歯周ポケットの深さは、4mm程度です。

 

【中等度歯周炎】

軽度歯周炎から症状が進行し、顎骨が半分溶けた状態です。
歯を指でグラグラと動かすことができます。歯ぐきの腫れ、出血、歯が浮くような感覚、口臭が強くなるなどの症状が現れます。
歯周ポケットの深さは、6mm程度です。

 

【重度歯周炎】

さらに進行し、顎骨の3/1が溶けた状態です。
歯のグラつきがひどくなり、歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がより強くなったりします。
この状態のまま放置していると、最終的には歯が抜け落ち、永久歯を失ってしまうことになります。
歯周ポケットの深さは8mm程度です。

 

歯周病を悪化させる因子

歯周病を悪化させる因子として、以下のものが挙げられています。

 ・不規則な食習慣
 ・歯ぎしり、食いしばり
 ・喫煙
 ・ストレス
 ・薬の長期服用
 ・不適合な被せものや義歯
 ・全身疾患
 ・ブラッシング不足

これらは、歯周病だけではなく、歯並びの悪化や歯の汚れなど、他のトラブルを引き起こす原因にもなります。
歯周病の予防は、身体の健康のためにも必要なものなのです。

 

歯周病の治療方法

歯周病の治療方法を考える際、「果たして歯周病は完全に治るのか?」といった疑問を持つ方が多いと思います。
歯科医師によって見解が違うところがあるので名言することはできませんが、「1度歯周病になると歯周組織を完全に元通りにするのは難しく、しかし改善することはできる」といった意見が多いですね。
いくら元通りにしようとしても、口の中の歯周病菌が完全に消えることはありません。

しかし、治療に取り掛かるのが遅ければ遅いほど治療内容が難しく、外科的処置も必要になってしまいます。早期発見・早期治療を心掛け、進行を遅らせることで歯を長持ちさせます。

それでは、段階別治療方法を見ていきましょう。

 

【歯肉炎】

軽度の場合は、正しいブラッシングで改善することができます。

 

【軽度歯周炎】

歯に付着したブラーク・歯石を取り除くスケーリング・ルートプレーニングという処置をとります。スケーリング・ルートプレーニングは、歯科治療の中でも難しい治療に分類されます。

 

【中等度歯周炎】

麻酔をした後、歯周ポケットの深い部分に付着した歯石を掻き出します。スケーリング・ルートプレーニングで取りきれなかった歯石を取り除きます。

 

【重度歯周炎】

歯ぐきを切開してめくり上げ、歯石を除去する外科手術を行います。
歯根部を露出させ、歯根表面にこびりついた歯石や汚染された歯周組織を取り除き、縫合します。

歯周病はやはり日々のケアが大切です。
歯周病検査を定期的に受け、歯科医師に指導された通りのブラッシングを行いましょう。
正しいブラッシング方法は、歯並びなどによって異なります。患者様自身の正しいブラッシング方法を知り、口内の健康を守ってください。

 

まとめ

いかがでしたか?
歯周病は誰しもが発症する可能性をもっていますが、初期症状がわかりにくく、発見が遅れてしまうことが多い恐ろしい病気です。
やはり、歯周病の最大の治療方法は、歯周病を罹患する前に予防をしっかりとしておくことではないでしょうか。
将来ご自身の歯で快適な生活を送るために、歯周病検査を定期的に受ける・正しいブラッシング指導を受ける・日頃から口内ケアの意識をしっかりと高める、この3つを心掛けてください。