インプラント治療を受ける前に知っておきたい「喫煙」によるリスクとは|目黒区池尻大橋・中目黒の有馬歯科医院

インプラント治療を受ける前に知っておきたい「喫煙」によるリスクとは
  • HOME
  • ブログ
  • インプラント治療を受ける前に知っておきたい「喫煙」によるリスクとは

喫煙で気になるのは、健康への影響でしょう。広く知られているのは肺がんや脳卒中、心筋梗塞ですが、喫煙することで与えられる歯への悪影響も無視できません。

ここでは、喫煙によるリスク、インプラント治療への悪影響についてご紹介します。喫煙している患者様、喫煙者が周りにいる患者様はぜひ参考になさってください。

 

喫煙で歯に起こるリスク

それでは、喫煙が原因で歯にどのようなリスクがあるのでしょうか。

 

【歯周病にかかりやすい・進行しやすい】

歯周病とは、歯と歯肉の間に付いた歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉が炎症を起こし、歯を支えている骨が破壊されていく病気です。骨が破壊されると、歯がグラグラ動くようになり、最終的に抜歯をする必要があります。

なぜ、喫煙は歯周病にかかりやすく、進行しやすくなるのでしょうか。

その理由は、タバコを吸うとニコチンや一酸化炭素の影響により、血行不良・免疫力低下が起こるためです。歯と歯肉の間にある酸素が不足し、酸素が嫌いな歯周病にとって繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

また、歯茎が固まってしまうので出血や腫れが抑えられ、ご自身が歯周病だと判断しにくくなります。喫煙していると歯周病が進行するのは、症状が隠れるので早期発見ができず、気が付いた時には手遅れという状況になってしまうのです。

 

【虫歯になりやすい】

虫歯とは、口内の細菌が出す歯を溶かしてしまう酸(脱灰)と、酸を中和する唾液(再石灰化)のバランスが崩れた際に起こる口内トラブルです。

虫歯になってしまう理由は、歯磨きのやり方が間違っている・間食が多い・虫歯菌の数が多いなど様々ですが、喫煙者は、非喫煙者と比べて約3倍も虫歯になりやすいという報告があります。
では、喫煙者はなぜ虫歯になりやすいのでしょうか。

タバコを吸うと、自律神経の働きにより、唾液の分泌量が減ってしまいます。唾液が減ることで再石灰化の効果を期待できなくなるだけではなく、口内の細菌を洗い流す自浄作用が落ち、さらに虫歯の原因となる歯垢が溜まりやすくなってしまいます。

 

【口臭がひどくなる】

タバコに含まれるタール・ニコチンは、口臭をひどくする原因になります。タバコを吸っているとご自身の口臭に鈍くなってしまいますが、非喫煙者の中には少し話しただけで喫煙者か非喫煙者か分かるほど敏感な方もいらっしゃいます。もしかするとご本人が気付いていないだけで周囲の人を口臭で不快にさせてしまっているかもしれません。

 

【歯が汚くなる】

タバコを吸うとヤニが歯にこびりつき歯が黄ばんでしまいます。1度こびりついたヤニは歯を磨いてもなかなか落ちにくく、放置してしまうと蓄積していきます。

また、有害物質から身を守るために歯茎にメラニン色素が生成されるのですが、これが歯茎に沈着すると歯茎の色が黒くなってしまいます。歯茎が黒いと人目が気になってしまうでしょう。

 

【味を感じにくくなる】

唾液が減少すると舌の表面に舌苔(ぜったい)が付着します。この舌苔がひどくなってくると味を感じなくなり、味覚異常を引き起こすのです。

このように、喫煙は歯に様々な悪影響を与えます。周囲の方も巻き込んでしまうので、健康を考えるのなら禁煙するのが1番でしょう。

 

喫煙とインプラント治療

インプラント治療とは、歯を失った際に行う「人工歯根治療」のことです。顎骨の中に埋め込まれる部分、歯根部(インプラント体)・歯根部の上に取り付けられる支台部(アバットメント)・歯の部分に相当する人工歯から構成されています。審美性・耐久性・噛む力など全ての点において入れ歯やブリッジよりも優れており、「第2の歯」と言われるほどです。

このインプラント治療で注意しておきたい喫煙のポイントについてご紹介します。

 

【インプラントが骨に結合しなくなる】

インプラントが骨と結合する確率は、約98%です。しかし、治療期間中の喫煙は、インプラントが骨に結合することを邪魔してしまう可能性があります。

インプラント体と骨が癒合するには、十分な酸素と栄養が必要なのですが、ニコチンは血管を収縮させるので、血液の循環を妨げてしまうのです。そうなると、癒合が遅くなってしまいます。

インプラントが骨に結合しなかった場合はサイズを変えて再手術となります。

 

【切開した傷が治らない】

歯茎を切開した後の喫煙は、傷の治りを遅くしたり、治りかけの傷が開いてしまったりします。これは、ニコチンの作用で交感神経が刺激され、血圧が上昇してしまうからです。

傷がなかなか治らない場合、インプラントと骨の結合が上手くいかないことや、咬み合わせを作った後で、インプラントを支えている骨をだめにする原因となります。

手術後には医師の指示があった期間はたばこを控えましょう。

 

【インプラント周囲粘膜炎】

ニコチンによって交感神経が優位になると、唾液がネバネバとして、分泌量も減ってしまいます。そうなると口内の免疫細胞が少なくなり、インプラントの歯周病である「インプラント周囲粘膜炎」になる可能性がかなり高くなります。通常の歯周病の何倍も進行が早いインプラント周囲粘膜炎を避けるためにも、インプラント治療後の喫煙は控えることをおすすめします。

 

喫煙は百害あって一利なし

喫煙は様々な病気の原因になります。

ご紹介した口内トラブル以外にも、がん、脳卒中、心筋梗塞、高血圧、糖尿病、喘息…。リスクをあげればキリがありません。健康寿命を延ばすためにも、禁煙することをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?

喫煙による健康被害は以前よりも周知されてきていますが、口内トラブルについてはまだ深くまで知られていません。

失ってしまった歯をインプラント治療でしっかりと取り戻し、快適な生活を送りたいと思っている患者様は、たばこを控え、喫煙とインプラント治療の関係に不明点があれば歯科医師に確認しましょう。