唾液が虫歯予防に大きな役割を果たしているって本当?

  • HOME
  • ブログ
  • 唾液が虫歯予防に大きな役割を果たしているって本当?

唾液は、健康な人であれば1日あたりおよそ1.5リットル分泌されます。
1.5リットルという量は大きなペットボトル1本分に当たるため、「そんなにでているの!?」と驚かれる方も少なくありません。
毎日お口の中で分泌される唾液は、実は虫歯予防にも大きな役割を果たしています。今回は「唾液と虫歯の関係」についてお話をさせていただきます。

唾液が持つさまざまな役割

唾液は、顎下線(がくかせん)、耳下線(じかせん)、舌下線(ぜっかせん)の3箇所の大きな唾液腺と、頬や唇、舌などに多数存在する小さな唾液線から分泌されます。

普段、日常生活ではあまり気にしない唾液ですが、唾液は私たち人間の健康を守るためにさまざまな役割を果たしています。 食事の際に歯でかみ砕かれた食べ物は唾液と混ざることで飲み込みやすくなり、のどから食道を通って胃の中へと送り込まれていきます。そして分泌された唾液によってお口の中に残った食べカスが洗い流され、口腔内の環境が清潔に保たれます。

また、唾液中に含まれる消化酵素のアミラーゼは食べ物に含まれているでんぷんを麦芽糖に変え、消化吸収を助けてくれます。さらに唾液の中のガスチンは食品中の亜鉛と結合して味覚を敏感にする作用があるほか、カタラーゼやピルオキシターゼはたばこや食品添加物に含まれている発がん性物質の毒性を抑える、という特徴があります。

唾液が持つ虫歯予防の働き

唾液は虫歯予防にも大きく関係しています。

通常、お口の中は酸性度が中性に保たれていますが、食事をすると虫歯の原因菌のミュータンス菌が食べ物に含まれている糖分をえさにして活発化し、酸をだすほか、さらに、食べ物に含まれる酸によって一時的に口腔内が酸性に傾きます。すると、歯の表面のエナメル質からリン酸やカルシウムが溶け出してしまい、「脱灰(だっかい)」という現象が起こります。

脱灰は“虫歯の始まり”であり、そのまま放置しているとどんどん虫歯の症状は進行していきますが、唾液にはこの脱灰から歯を守る作用があります。

食事をしたあとに時間が経過すると、唾液が酸を中和してお口の中を中性の状態に戻すとともに、唾液に含まれるリン酸イオンとカルシウムイオンが歯のエナメル質の結晶を新たに形成して修復する「再石灰化(さいせっかいか)」を行います。

歯は脱灰と再石灰化を繰り返すことによって少しずつ硬く丈夫になり、虫歯にかかりにくくなります。

◆「だらだら食べ」はNG

虫歯を防いで歯を強くする働きを持つ唾液ですが、起きているあいだ何かしらの食べ物を食べる「だらだら食べ」の習慣があると唾液の再石灰化作用が追いつかず、虫歯を発症するリスクが高くなります。
唾液による再石灰化作用を十分に発揮させるためには、間食をやめて決まった時間に食事を取ることが大切です。また、お口の中にひそんでいるミュータンス菌は食べ物に含まれている糖分をエネルギー源として活動しているため、砂糖たっぷりの甘いお菓子や糖分が多い清涼飲料水は摂りすぎないように注意しましょう。

唾液を増やす習慣

もし、お口の中がネバついたり、口臭がする、食事のときに食べ物を飲み込みにくい、などの症状がある場合は、唾液の分泌量が減少しているが恐れがあります。
唾液を増やすために、ぜひ、下記の習慣を試してみてください。

◆食事はよくかんで食べる

がっついて飲み込むようにして食べると唾液は十分に分泌されません。 食事の際には食べ物をよくかんでゆっくりと食べることを心がけましょう。

◆ガムをかむ

ガムを噛むとお口の中の唾液の分泌が促されます。
ガムはキシリトールを含んだ製品など、砂糖不使用のものを選ぶようにしましょう。

◆お口の体操をする

「ウー」「イー」と言いながら口を大きく動かすことで唾液の分泌が促進されます。 唾液の分泌量が減っていると感じたときには、お口の体操をしてみましょう。

◆唾液線のマッサージをする

耳の下からあごの先に向かって指でもみほぐすようにマッサージをすると唾液線が刺激され、唾液の分泌が促されます。
ちょっとした空き時間を使って簡単にできる唾液線のマッサージをしてみましょう。

会話をする

会話をするときにはお口の周りの筋肉が動くため唾液線が刺激され、唾液の分泌が増加します。 人と人とのコミュニケーションを積極的に行い、おしゃべりを楽しみましょう。

◆小さなことを気にせず、リラックスする

唾液は精神状態が不安定になると分泌量が減少します。
日常の生活では小さなことをあまり気にせず、リラックスできる時間を持つようにしましょう。

唾液のお悩みはまず歯科医師に相談を

「唾液と虫歯の関係」についてお話をさせていただきました。

唾液は虫歯を予防する働きがあるほか、歯周病の予防、粘膜の保護など、さまざまな重要な役割を持っています。

もし、今回ご紹介した方法を試しても唾液の分泌が増えないようであればドライマウス等の病気を発症している恐れがありますので、しょっちゅう口が渇く、口臭がキツくなってきた、など、唾液のことでお悩みがある場合にはできるだけ早めに歯科医院を訪れ、診察を受けるようにしてください。